滋賀CARPSは3月より自粛を終了し活動を再開します!

滋賀,湖西,草野球,近江舞子,比良,軟式,軟式草野球,草野球チーム,メンバー募集,初心者,、マネージャー,滋賀県,

滋賀CARPSは2月の1ヶ月間の自粛を終了し3月より活動を再開する事にしました。

1月末より丁度感染が爆発し始め、丁度いい時期に自粛には入れたなと思っていました。その後ずっと滋賀の感染状況を見守ってまりました。しかし残念なことに減っていくどころか高止まり状態が今なお続いています。

これもやはり滋賀県の方針があまりにずさんなためだと感じています。蔓延防止も出さずに「滋賀らしく」というよく意味の分からないスローガンを打ち上げ、挙句の果てに滋賀出身のアーティストを招きライブを行うようです。ちゃんと自粛している我々の気持ちは一体どこにぶつければいいのか、本当に悔しい日々でした。

残念ながら今の知事の方針では今後もずっとこの状態は止まりません。ではそのまま我々もそれに付き合うのか、非常に悩みましたが滋賀CARPSとしては一カ月ちゃんと自粛しチームとしての我慢の時期を皆で過ごしました。しかし滋賀の方針がこのままであるのであれば、この中で何が出来るか?それを考えました。それはこのまま自粛を続けるのか?と自分い問えばそれは違いました。感染対策をちゃんととって活動を再開する。私はその判断をしました。これに対して反対意見もあるともいます。その場合は大いに言っていただいて結構です。

「じゃあ2月も感染対策してやればよかったやん」そんな声もあるでしょう。しかし私は上記した通り滋賀県がかならず蔓延防止を出して感染者は減ると思っていたからです。ですので2月はやめておこう、蔓延防止が出れば必ず減ってくるから1か月もあれば半分位まで行くだろうと計算していました。しかし結果は蔓延防止どころか滋賀県後押しでライブイベント迄する始末です、流石に私もそれを踏まえ方向を変えたという事です。

今後再開に際し滋賀CARPSでは感染対策を徹底します。

1.練習中以外はマスク要着用
2.アルコールを持参して休憩ごとに自分の手を消毒する
3.ノックなど密集を避けるようにする(ポジションをばらけさせたり距離置く)
4.練習前後はマスクをしていても1m以上距離を置いて座る

等です。
これらを厳守し今の滋賀の中で野球を行っていきます。

※これらの発言は現滋賀県知事を侮辱するものではありません。現在の滋賀県知事の方向性の説明と実際に行っていることを記載し、その中で何故自粛したのか、再開するのかを説明するために記載したものですのでご了承ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA