滋賀CARPS初試合マスターズ戦を迎える!

昨年2021年にキャントクと柴やん2人で始めたこの滋賀CARPSも遂に試合を行えるほどにメンバーが揃い練習も詰み上げてきました。そしてとうとうこの日を迎えました。場所は高島市梅の子運動場、マスターズを迎え初試合は行われました。

メンバーは以下の通りです。
1.清大(キャッチャー)
2.柴やん(セカンド)
3.ETTY(センター)
4.セッチ―(ショート)
5.キャントク(DH:ライト福ちゃん)
6.真(サード)
7.ベーやん(ファースト)
8.GO(ピッチャー)
9.熱男(レフト)

控え:キョンキョン、タニー
マネ:サヤチャン、ミカリン

滋賀CARPS打線はマスターズの速球投手に全く手が出ず5回までノーヒットに抑え込まれる。

6回、GOが滋賀CARPS記念すべき初ヒットを放つと続く9番熱男も自慢の快足を生かし内野安打で無死1.2塁のチャンスを作るも1.2.3番が抑え込まれ無得点に終わる。

最終回、4番セッチ―がライト前に技ありのヒットを放ち出塁。続くキャントクはボテボテのサードゴロも相手野手がセカンドに悪送球し野戦でランナーはそれぞれ進塁し無死2.3塁のチャンスが再び訪れる。

真、ベーヤンと倒れ、またもチャンスを逸するかと思われたが、滋賀CARPS初ヒットを打ったGOがライト横を破る2点タイムリーツーベースを放ち反撃するもここまで。

エースGOは初回、打たれながらも要所を抑え無失点に抑えるも2回、四球で溜めたランナーを置き打たれた打球をライト福ちゃんが落球し2失点、更に溜めたランナーを置き三番にセンターを越えるタイムリーツーベーを打たれ一挙4失点する。
3回以降も四球とエラーでためてはタイムリーを打たれるという同じパターンで合計10失点し、初登板は苦い黒星スタートとなった。

あまり緊張しない若武者もさすがにこの雰囲気にのまれた様子でかなり緊張したと試合後に語るほど、全体を通して四死球が多く、腕が振れなくなって甘く言った所を痛打された。

滋カ 0000002 2
マス 043030X 10

その後2試合目は前半出れていなかったメンバーを中心に出場し行われた。

既に1試合目で疲労困憊だったが投手にはセッチ―が入り好投を見せるもエラーと固め打ちで7失点した。こちらは残念ながら得点を挙げる事は出来なかった。
試合詳細は記事下部の試合動画でお楽しみください。

マス 0052000 7
滋カ 0000000 0

メインを1試合目としておまけで2試合目をしました。
マスターズは強かったですね。出てくる投手が全員速球派で今の滋賀CARPSではまだまだ手が出ないチームでした。しかし得れたことも多くありました。

まずは声が終始どこからも聞こえてきました。特に福ちゃんは4時間ずっと声を出し続けていました。

シートやケースで散々練習してきたケースがいくつもあり、上手くこなせる部分もあり、苦しい中に何時間もやってきた練習の成果が出ました。

課題点としてはカバーが多くのケースで行えなかったところ。そのカバーがない事で進塁や失点に繋がったケースも多くありました。

総称して非常によく出来ました。と言って良いのではないでしょうか。

しかし重要なのはこの後です。
この試合の後のミーティングでいつも自信満々、自高評価満点の真が非常に暗い顔とか細い声で「まだまだ自分には足りないものがあるとわかりました・・・」とポツリと言いました。
重要なのはまさに”これ”です。

試合は今日までの練習の成果を見る発表会みたいな点と、今後の課題を見つける場なのです。
「初試合」と言う点から色々目をつぶっている面もありますが、各メンバーそれぞれに課題が大きく見つかったのではないでしょうか。「今の自分には何が足りないか」。そして試合と言うまさにみんなで力を合わせて挑む試合で自分のミスで失点に繋がるという現実を知ったのではないでしょうか。
もしかしたら今までそんな事をあまり考えずに練習をしていた選手もいるかもしれませんが、これが現実です。自分の不注意や不用意な考えや行動で全員に負担がかかり試合を落とします。でもそれは逆もしかりなのです。今後の自分の頑張りはチームを救う1プレーになるのです。ですからまた週末から気を引き締め、改め、一生懸命練習に挑みましょう!

それが滋賀CARPS、漢の道。

滋賀県湖西の草野球チーム、滋賀CARPSではメンバーとマネージャーを大募集中です
メンバー募集に興味ある方はコチラよりご応募ください→募集要項

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA